• Profile
  • Schedule
  • Blog
  • Video
  • Relese
  • Radio
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Organza
  • tokaichi
  • Junkissa
  • Contact
  • Top

Category Archives: schedule

2018.8.13(MON)大阪

「エミ・エレオノーラ×ゴトウイズミ『Party Piano Punk デカダン座』」

OPEN 19:00
START 19:30

前売 ¥2800+1DRINK
当日 ¥3300+1DRINK
ご予約は各出演者かムジカジャポニカまで。
ムジカジャポニカ
MAIL reserve@musicaja.info
(もしくはお店の予約フォームから)

出演
エミ・エレオノーラ
ゴトウイズミ

■エミ・エレオノーラ プロフィール
東京生まれ。ミュージシャン、舞台女優、音楽芸者。
20世紀末、ドイツのイベントオーガナイザーに「Eleonola」と命名され、以来アンダーグラウンドからメジャーシーンまで、ジャンル、表現方法を問わ ない多才でボーダレスなアーティスト活動を展開中。92年結成のバンド「デミセミクエーバー」のボーカリストとしてインディーズ、メジャー、アメリカデビュー、全米ツアーを果たす。近年は、奇抜なピアノ弾き語りパフォーマンスによるソロ活動、作詩作曲、舞台でも活躍中。2018/2/23 新譜『PartyPianoPunk』を発表。代官山「晴れたら空に豆まいて」のレコ発イベントは空前のSold Outを記録した。
~作品~
■舞台
『ヘドウィグ•アンド•アングリーインチ』(青井陽治演出)、イッセー尾形の音楽劇、『三文オペラ』(宮本亜門演出)、『中国の不思議な役人』(寺山修司脚本/白井晃演出)、『あゝ、荒野』『青い種子は太陽の中にある』(寺山修司原作、脚本/蜷川幸雄演出)、『トロイアの女たち』(蜷川幸雄演出)『青い瞳』(岩松了脚本/演出)『メトロポリス』(串田和美演出)『田園に死す•市街劇』(寺山修司原案言語/J•A•シーザー演出)など。
■映画
『マチコのかたち』(白川幸司監督)『東京エスカレーター』(野沢直子監督)『I.K.U』(シューリーチェン監督)など。
■著書
映画『プリシラ』ノベライズ、『何て素敵!』、『DRAG』(森園みるくの漫画の原作)など。
■楽曲提供、プロデュース
UA、三上博史、石川セリ、など。
■音楽監督作品
映画『真昼の花』(角田光代原作/秋原正俊監督)、舞踊家(清水フミヒトや館形比呂一)への舞台音楽、竹邑類ザ・スーパー・カムパニィ『WHITE・ 
Review』、石川セリ最新作『Re:Sexy』(ユニバーサル)、『シダの群れ3』(岩松了演出、小泉今日子歌、主演)、福島いわきスパリゾートハワイアンズ 、グランド ポリネシアンショー、サンライトカーニバル、島サミットの音楽など。
エレオノーラ8.16
■ゴトウイズミ プロフィール
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語り。昭和や純喫茶を愛しその楽曲も多い。アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動中。
見世物小屋バンド「ねこ虫」を経て、現在は舞台型アコーディオン弾き語りのスタイルと、キャバレースタイルを中心に活動中。数々のミュージシャンとの変則的なセッションやユニットも多く行う。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC業、CMのナレーション、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、自主映画「地下音楽現場物語」の製作などの活動をしつつ、広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「十日市アパート」を主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。
ゴトウ8.16

梅田ムジカジャポニカ
http://musicaja.info/

 
〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町1−21-2F
06-6363-0848

2018.8.16(THU)広島

「ヲルガン座ディナーショー~ゴトウイズミの偶数月の音楽会~Piano Punk Party~」

*店主ゴトウイズミが日頃の感謝と共に、ミュージシャンとしてのご挨拶を兼ねた、偶数月に一度開催される演奏会です。今回のゲストは憧れてやまないキャバレーなピアノ弾きエミ・エレオノーラさんをお招きし、盛大に盛り上がる真夏の偶数付きです。一度見たら病みつきなプロのステージ!それなのになんとライブチャージなどはございません。お気軽にお越しくださいませ。演奏がよければぜひ!チップをお願いします。

OPEN 17:30
START 20:30 / 21:30(2ステージ)

料金:チップ制

出演
ゴトウイズミ
エミ・エレオノーラ

■ゴトウイズミ プロフィール
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語り。昭和や純喫茶を愛しその楽曲も多い。アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動中。
見世物小屋バンド「ねこ虫」を経て、現在は舞台型アコーディオン弾き語りのスタイルと、キャバレースタイルを中心に活動中。数々のミュージシャンとの変則的なセッションやユニットも多く行う。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC業、CMのナレーション、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、自主映画「地下音楽現場物語」の製作などの活動をしつつ、広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「十日市アパート」を主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。
ゴトウ8.16

■エミ・エレオノーラ プロフィール
東京生まれ。ミュージシャン、舞台女優、音楽芸者。
20世紀末、ドイツのイベントオーガナイザーに「Eleonola」と命名され、以来アンダーグラウンドからメジャーシーンまで、ジャンル、表現方法を問わ ない多才でボーダレスなアーティスト活動を展開中。92年結成のバンド「デミセミクエーバー」のボーカリストとしてインディーズ、メジャー、アメリカデビュー、全米ツアーを果たす。近年は、奇抜なピアノ弾き語りパフォーマンスによるソロ活動、作詩作曲、舞台でも活躍中。2018/2/23 新譜『PartyPianoPunk』を発表。代官山「晴れたら空に豆まいて」のレコ発イベントは空前のSold Outを記録した。
~作品~
■舞台
『ヘドウィグ•アンド•アングリーインチ』(青井陽治演出)、イッセー尾形の音楽劇、『三文オペラ』(宮本亜門演出)、『中国の不思議な役人』(寺山修司脚本/白井晃演出)、『あゝ、荒野』『青い種子は太陽の中にある』(寺山修司原作、脚本/蜷川幸雄演出)、『トロイアの女たち』(蜷川幸雄演出)『青い瞳』(岩松了脚本/演出)『メトロポリス』(串田和美演出)『田園に死す•市街劇』(寺山修司原案言語/J•A•シーザー演出)など。
■映画
『マチコのかたち』(白川幸司監督)『東京エスカレーター』(野沢直子監督)『I.K.U』(シューリーチェン監督)など。
■著書
映画『プリシラ』ノベライズ、『何て素敵!』、『DRAG』(森園みるくの漫画の原作)など。
■楽曲提供、プロデュース
UA、三上博史、石川セリ、など。
■音楽監督作品
映画『真昼の花』(角田光代原作/秋原正俊監督)、舞踊家(清水フミヒトや館形比呂一)への舞台音楽、竹邑類ザ・スーパー・カムパニィ『WHITE・ 
Review』、石川セリ最新作『Re:Sexy』(ユニバーサル)、『シダの群れ3』(岩松了演出、小泉今日子歌、主演)、福島いわきスパリゾートハワイアンズ 、グランド ポリネシアンショー、サンライトカーニバル、島サミットの音楽など。
エレオノーラ8.16
広島市中区十日市町1町目4-32-2F
TEL082-295-1553
organzainfo@gmail.com