• Profile
  • Schedule
  • Blog
  • Video
  • Relese
  • Radio
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Organza
  • tokaichi
  • Junkissa
  • Contact
  • Top

Category Archives: schedule

2020.9.16(WED)広島

「ヲルガン座ディナーショー~月例バーレスク第5夜~」

*バーレスク部主催、毎月気軽にバーレスクと触れ合っちゃおう!という企画。毎月2名のバーレスク部員のバーレスクショーが観られます!
月替わりの素晴らしいゲストを迎え、お店は通常営業なので投げ銭でご機嫌なショーをお楽しみ頂けます。
今回のゲストはキャバレーなピアノ弾き語りのKAME。月例バーレスク始まって以来の生演奏とバーレスクのコラボショーです。ショーがよければぜひチップをお願いします。

open 17:30
start 20:00~/21:00~(2ステージ)

料金:チップ制
(入場の際に1オーダーをお願いします)

出演
ゴトウイズミ
タムラ・ド・ヒサシィ

ゲスト
KAME

MC+キティン
ふとしふぃーばぁ

ゴトウイズミ
シアトリカルを得意とする広島初のバーレスクパフォーマーとして、またミュージシャンや芸人、MCとしても全国で活動中。Tomorrow BURLESQUE主催、ヲルガン座バーレスク部部長。
200916ゴトウ

タムラ・ド・ヒサシィ
1人フォークダンサー。
大学のサークルでフォークダンスに出会って以降、様々な踊りに触れる。現在は、学校の訪問音楽鑑賞教室へダンサーとしての参加と、パフォーマンスユニットのヤマネコ座が主な活動。裏方も好き。
200916タムラ

KAME
北海道産まれ 広島在住
音楽大学入学の為、単身広島へ
大学卒業後は、楽器をペンに持ち替え、広島市本通商店街路上にて似顔絵を描き始める
現在までに出会った笑顔は36000人を越え、広島を中心に県外でも活動中
表現の幅を拡げるため、鍵盤弾き語りやバンド、落語も始める
200916KAME

@音楽喫茶ヲルガン座
広島市中区十日市町1-4-32-2F
082-295-1553

2020.11.1(SUN)広島

「牧瀬茜とゴトウイズミの『異常な日常の純情劇場』」

*踊り子牧瀬茜と芸人ゴトウイズミの毎年恒例の湿度高めの舞台です。
毎回新作!踊りと音楽と芝居とソロショー。今回はお席が限定数なので
お早めのご予約お願いいたします。
純情劇場20年11月公演

OPEN 18:00
START 18:30

ご予約¥2500+1order
当日¥3000+1order
※ご予約は、お電話【082-295-1553】か、メール【organzainfo@gmail.com
にてお願いします。その際、お名前と人数、お電話番号をおねがいします。メールでご予約のお客様は「受信拒否設定」をご確認ください。

出演
牧瀬茜
ゴトウイズミ

牧瀬茜
1998年から踊り子として日本各地のストリップ劇場を巡り、現在は劇場の他、縁のできた様々な場や人との繋がりの中で踊っています。ものを書いたり絵を描いたり芝居をしたり、その台本を手掛けることも。
戦争と差別のない未来を願って。
著書に「歌舞伎町で待ってます」(メタモル出版)、「うみにかえりたい」(七月堂)、「すとりっぷ人生劇場-ストリップ劇場に生きる男たち-」。
http://blog.livedoor.jp/syukanmakise/

ゴトウイズミ
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語りと、シアトリカルを中心としたバーレスクパフォーマー。
アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、映画制作などを展開しながら広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「鳩小屋」を主宰。2020年よりコントラバスを始める。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。

@音楽喫茶ヲルガン座
広島市中区十日市町1-4-32-2F
082-295-1553

2020.11.2(MON)大阪

「牧瀬茜とゴトウイズミの『異常な日常の純情劇場』」

*踊り子牧瀬茜と芸人ゴトウイズミの毎年恒例の湿度高めの舞台です。
毎回新作!踊りと音楽と芝居とソロショー。今回はお席が限定数なので
お早めのご予約お願いいたします。
純情劇場20年11月公演

OPEN 19:00
START 20:00

ご予約¥2500+2order
当日¥3000+2order
ご予約は予約フォームからお願いいたします。
https://form.os7.biz/f/4f3e2dc0/

出演
牧瀬茜
ゴトウイズミ

牧瀬茜
1998年から踊り子として日本各地のストリップ劇場を巡り、現在は劇場の他、縁のできた様々な場や人との繋がりの中で踊っています。ものを書いたり絵を描いたり芝居をしたり、その台本を手掛けることも。
戦争と差別のない未来を願って。
著書に「歌舞伎町で待ってます」(メタモル出版)、「うみにかえりたい」(七月堂)、「すとりっぷ人生劇場-ストリップ劇場に生きる男たち-」。
http://blog.livedoor.jp/syukanmakise/

ゴトウイズミ
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語りと、シアトリカルを中心としたバーレスクパフォーマー。
アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、映画制作などを展開しながら広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「鳩小屋」を主宰。2020年よりコントラバスを始める。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。

D bar
https://ja-jp.facebook.com/Dbar.playmusic/

 
大阪市茨木市双葉町9-13
080-6741-4122

2020.11.3(TUE)名古屋

「牧瀬茜とゴトウイズミの『異常な日常の純情劇場』」

*踊り子牧瀬茜と芸人ゴトウイズミの毎年恒例の湿度高めの舞台です。
毎回新作!踊りと音楽と芝居とソロショー。今回はお席が限定数なので
お早めのご予約お願いいたします。
純情劇場20年11月公演

OPEN 19:18
START 20:00

ご予約¥2500+1order
当日¥3000+1order
ご予約は猫と窓ガラスのメール【nekomado@icloud.com】にてお願いします。その際、お名前と人数、お電話番号をおねがいします。

出演
牧瀬茜
ゴトウイズミ

牧瀬茜
1998年から踊り子として日本各地のストリップ劇場を巡り、現在は劇場の他、縁のできた様々な場や人との繋がりの中で踊っています。ものを書いたり絵を描いたり芝居をしたり、その台本を手掛けることも。
戦争と差別のない未来を願って。
著書に「歌舞伎町で待ってます」(メタモル出版)、「うみにかえりたい」(七月堂)、「すとりっぷ人生劇場-ストリップ劇場に生きる男たち-」。
http://blog.livedoor.jp/syukanmakise/

ゴトウイズミ
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語りと、シアトリカルを中心としたバーレスクパフォーマー。
アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、映画制作などを展開しながら広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「鳩小屋」を主宰。2020年よりコントラバスを始める。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。

猫と窓ガラス
https://nekomado.jimdo.com

 
名古屋市港区名港2-10-11
052-654-3125

2020.11.4(WED)東京

「牧瀬茜とゴトウイズミの『異常な日常の純情劇場』」

*踊り子牧瀬茜と芸人ゴトウイズミの毎年恒例の湿度高めの舞台です。
毎回新作!踊りと音楽と芝居とソロショー。今回はお席が限定数なので
お早めのご予約お願いいたします。
純情劇場20年11月公演

OPEN 18:00
START 19:00

ご予約¥2500+1order
当日¥3000+1order
ご予約はメール【makiseakane@gmail.com】にてお願いします。その際、お名前と人数、お電話番号をおねがいします。

出演
牧瀬茜
ゴトウイズミ

牧瀬茜
1998年から踊り子として日本各地のストリップ劇場を巡り、現在は劇場の他、縁のできた様々な場や人との繋がりの中で踊っています。ものを書いたり絵を描いたり芝居をしたり、その台本を手掛けることも。
戦争と差別のない未来を願って。
著書に「歌舞伎町で待ってます」(メタモル出版)、「うみにかえりたい」(七月堂)、「すとりっぷ人生劇場-ストリップ劇場に生きる男たち-」。
http://blog.livedoor.jp/syukanmakise/

ゴトウイズミ
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語りと、シアトリカルを中心としたバーレスクパフォーマー。
アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、映画制作などを展開しながら広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「鳩小屋」を主宰。2020年よりコントラバスを始める。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。

映画喫茶「泪橋ホール」
http://namidabashi.tokyo

 
台東区日本堤2-28-10
03-6320-4510